ひざサポートコラーゲンは錠剤より粉末の方が効果は高い?

ひざサポートコラーゲンの形態が錠剤ではなく粉末なのはなぜでしょうか。

合理的な理由がそこにあるのか考えてみましょう。

■どんなものにでも入れられて溶けやすいのが粉末。

ひざサポートコラーゲンが錠剤ではなく粉末の形態になっているのは、どんなものにでも入れることができて溶けやすく、消化・吸収をしやすくした結果です。

吸収力が早いということは、それだけ効き目が早いということにつながります。

飲み物であればジュースやコーヒーなど。

味噌汁やスープに入れても素早く溶けて飲みやすくなります。

アレンジ次第で料理の中に入れて摂取することも可能です。

■低分子構造を助けて、消化吸収を早める意味もある。

ひざサポートコラーゲンは粉末である上に、低分子構造という非常に小さな粒子にすることにも成功しています。

粉末でしかも低分子だから膝関節の軟骨にも速やかに吸収されます。

機能性食品なので、被験者を使った実験結果など、どのような経過をたどって効果があらわれたかなど、グラフを使って詳しく説明されています。

継続して摂取することで数週間すれば膝関節の痛みが緩和されることが分かっています。

■錠剤には錠剤の意味があり、ひざサポートコラーゲンのような粉末形態にもそれなりの意味があります。

たとえば医師が処方してくれる医薬には、錠剤、カプセル、顆粒、粉末などの形態があります。

薬剤が身体に入ったとき、成分が体内に溶け出すちょうど良いタイミングを実現するために個々の形状が決められます。

同様にひざサポートコラーゲンも、粉末がもっとも効率的という理由から決められています。

☆注目サイト⇒得するひざサポートコラーゲン情報

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.