軟骨成分をひざサポートコラーゲンが補うというのはホント?

ひざサポートコラーゲンの効果を疑問視する人もいるようですが、その効果は人を使った臨床実験でも証明されています。

商品の機能的な説明などを参考に、効果や効能をまとめてみましょう。

■50才を境に急激に減少する軟骨成分。

ひざサポートコラーゲンは、膝関節の軟骨に欠かすことのできないペプチドコラーゲンを多量に含んだサプリメントです。

膝関節の屈伸を助けるこのコラーゲンは50代を境に急激に減少し、20代の若いころにくらべて50%も減ってしまいます。

その減少量を補うのがひざサポートコラーゲンです。

粉末状で低分子構造になっていますから、紅茶やコーヒー、ジュース、スープなどに溶かし入れて、毎日簡単に摂取することができます。

■機能性食品としての科学的な裏付け。

ひざサポートコラーゲンは、被験者を使った実験を行っています。

ひざサポートコラーゲンを一定量摂取しつづけたグループと、コラーゲンの入っていないプラセボという成分だけを摂取しつづけた人たちのデータを収集・分析しました。

その結果、曲がりにくかった膝関節が8週間後には屈伸しやすくなったというデータが得られ、その状態はそれからさらに8週間が経過しても変わりませんでした。

■ひざサポートコラーゲンには膝の屈伸に必要な軟骨成分を補給する役割があります。

継続することで改善効果がみられます。

このような実験結果からみてもわかるとおり、ひざサポートコラーゲンには50代以降の方にとくに必要とされる成分が含まれており、摂取することで安定した膝の関節状態をキープしてくれます。

医薬品のような即効性はありませんが、継続して飲みつづけることで、予防にも改善にも役立ちます。

ひざサポートコラーゲンが効くという証拠は?

ひざサポートコラーゲンは、機能性食品として効果や効能をうたえるようになりました。

本品の効果や優秀性を科学的根拠に基づいて説明しましょう。

■機能性や効果・効能を明示できるのが、機能性食品。

軟骨成分であるコラーゲンは、膝関節だけではなく体内のさまざまなところに存在して、身体内部の機能をサポートしてくれています。

膝関節にある軟骨にはこのコラーゲンが多量に含まれていることで、スムーズな曲げ伸ばしを実現してくれています。

摂取すれば関節の痛みが緩和し、膝の屈伸がスムーズになります。

機能性食品は新しくできた制度で、栄養補助食品など、科学的な根拠があれば効果・効能を説明できるようになりました。

■使用しはじめて数週間で、「緩和・改善」が期待できる。

機能性食品として科学的根拠を説明できるようになったことで、ひざサポートコラーゲンの継続使用によって膝関節にどのような変化が起き、痛みや屈伸の不自由にどの程度の改善効果があるのかを明かすことが可能になったのです。

粉末で低分子構造のひざサポートコラーゲンは、身体に取り入れられた後の消化・吸収が素早く、使用しはじめて数週間で痛みの緩和など、諸症状の改善効果を実感することができます。

※参照→http://www.tokyo-kasei.ac.jp/Portals/0/data/rids/2015%E5%B9%B43%E6%9C%88%E5%8F%B7%EF%BC%88%E9%87%8D%E6%9D%91%EF%BC%89.pdf

■ひざサポートコラーゲンが優秀であるかどうか、それは実際に使用してみなければわかりません。

効き目は確かですが個人差があるのも否定できません。

ひざサポートコラーゲンは医薬品ではないので、誰もが一律に同じ効果を実感できるものではありません。

本人の膝の状態や骨質によって個人差があります。

ひとまずは試してみて自身で効果を実感してみるのがいちばんです。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.